FXにおけるローソク足とは?見方を画像とアニメーションでわかりやすく解説してみた

candle-chart-ai

こんにちは、FX SQUARE編集長の星野です。

今回は、数あるFXのチャートの中で最もポピュラーな「ローソク足チャート」の見方を初心者の方でもわかりやすく、くわしく知れるよう書きたいとおもいます。

市場に臨む人たちの心理や行動が濃縮されているとも言われるローソク足チャートは、相場の流れを予測したり、良いエントリーポイントを探したりするために大変役立つものです。しっかりと理解を深めておきましょう。

そもそも、チャートとは

チャートとは過去の相場の値動きを記録し、グラフにして表したものです。すべての値動きを事細かに記録しグラフにしたとすると、下の画像のようなります。

相場の上がり下がりが視覚的にわかる。ラインチャート 相場の上がり下がりが視覚的にわかるのがチャートの強み。

多くのFXトレーダーはチャートを見て、相場の動向や、取引(エントリー)するタイミングを判断します。これをテクニカル分析といいます。

ただ、テクニカル分析をする際、上の画像のようにすべての値動きを表記したチャート(ラインチャート)を使うことはありません。なぜなら、あまりに細かすぎるため、テクニカル分析する上では必要のない情報が多く記録され、分析するのに時間が掛かるからです。

この問題を解決するために、現在最も広く使われているチャートが、ローソク足チャートです。

ローソク足チャートとは?

ローソク足チャートは、チャートの値動きを簡略化して表記する方法のうちの一つです。直感的に読みやすいチャートでありながら、さまざまな工夫が凝らされていることが多くの投資家に評価され、今では世界中のヘッジファンドや個人投資家に利用される最もポピュラーなチャートの1つになっています。

なんと、ローソク足チャートは江戸時代の日本で生まれました。もともと時は米の取引で使われていて、株、先物、為替市場などあらゆる分野へ広がったのです。日本発祥というのが、誇らしいですね。

では実際にどんなチャートなのかみてみましょう。

ローソク足チャートは様々な情報が詰め込まれたローソク足によって構成されるロウソク足チャート ローソク足チャートは様々な情報が詰め込まれたローソク足によって構成される

これがローソク足チャートです。スッキリとはしたものの、色がついたり、よくわからない線なども出てきて、初めて見た人は「読みにくそう……」と感じるかもしれませんね。

この一見よくわからないローソク足こそ、ローソク足チャートが評価される理由なのです。

ローソク足は何を表しているの?

 

ローソク足チャートを構成するローソク足には、値動きを示す4つの値段が織り込まれています。

  • 始値(はじめね)
  • 高値(たかね)
  • 安値(やすね)
  • 終値(おわりね)

始値は市場がオープンした時の値段、高値・安値は期間内で一番高かった時と低かった値段、終値は市場がクローズした時の値段です。これらの4つの値段は、まとめて四本値と呼ばれます。

white-candle

図形としては、とてもシンプルでわかりやすいですよね。

終値と始値の間の、色のついている四角い部分は実体と呼ばれ、実体でない上下の線はヒゲと呼ばれます。

上の画像のローソク足のような、始値より終値の方が高い、つまりは値段が上がって終わったときのローソク足を陽線といいます。

逆に、始値より終値の方が低くなる場合もあります。

black-candle

このような、値段が下がって終わったときに現れるローソク足を陰線といいます。

パッと見ただけで判断できるよう、陽線と陰線は色分けされます。この記事ではピンクが陽線で水色が陰線を表しています。

この色はFX業者によってまちまちですし、基本的にカスタマイズができるので「何色が陽線で何色が陰線」と言い切ることはできません。国内のFX業者のチャートだと赤が陽線で青が陰線のことが多いですが、中にはそうでないところもあります。

そのため、陽線・陰線は色ではなく意味合いで覚えましょう。

ローソク足が完成するまで 画像クリックでアニメーションが再生されます。

上のアニメーションを見れば、ローソク足の4つの値がどのように決まり、実体やヒゲがどのように生まれるかがわかると思います。

右のグラフはリアルタイムな値動きを簡略的に表しています。実際はもっと小刻みに上下したり、ほとんど動かない時間が続いたりします。

設定した時間足(時間足については後述)によって終値を向かえることでローソク足ははじめて完成し、動かなくなります。そして、過去のチャートとして左側に蓄積されていきます。新たなローソク足がチャートの右端に生成され、終値を向かえるまでリアルタイムの値動きに反応します。

長いローソク足、短いロウソク足など、いろいろなローソク足が形成され、ローソク足チャートとなる。 長いローソク足、短いロウソク足など、いろいろなローソク足が形成され、ローソク足チャートとなる。

1分足、5分足、15分足って何?

ローソク足は、1分足、5分足、15分足といったように、期間を変えてさまざまな長さで見ることができます。この「○○足」という期間の分け方のことを時間足と言い、トレーダーはこれを切り替えることで、局所的に細かい値動きを見たり、大局的に大まかな値動きを見たりすることができます。

時間足の「○○」に入る時間は、1本のローソク足が完成するまでの期間を表します。たとえば1分足では、1本のローソク足ができるまでに1分かかりますが、5分足では、1本のローソク足ができるまでに5分かかります。

1分足を5本まとめてみたときの四本値が、5分足1本の四本値と同じになる。1分足と5分足の比較 1分足を5本まとめてみたときの四本値が、5分足1本の四本値と同じになる。

つまり5本足が1本できるまでには、1分足が5本作られます。逆に、5分足は1分足5本分が合体して圧縮されたものと考えることができます。

1分足のチャートと5分足のチャートを見比べた時、1分足の方が細やかな値動きを見るとができ、5分足の方が視野を広げて値動きをみることができます。

ローソク足にこういった性質があることから、普段は15分足や1時間足で大まかな流れを見て、エントリーする時だけ短い時間足に落とし込んで操作を行うというトレーダーもいます。私もその1人です。

時間足の種類

ローソク足の時間足には以下のような種類があります。

  • 1分足(M1)
  • 5分足(M5)
  • 15分足(M15)
  • 30分足(M30)
  • 1時間足(H1)
  • 4時間足(H4)
  • 日足(D1)
  • 週足(W1)
  • 月足(MN)

※業者のチャートよっては、上記に加えて2時間足や8時間足があったり、逆に上記全てが揃ってなかったりする場合があります。

このうち、1分足、5分足、15分足、1時間足など期間が短いものは短期足と呼ばれ、逆に日足、週足、月足など期間が長いものは長期足と呼ばれます。

ただ、どこまで短期足で、どこから長期足と明確に定義されているというわけではありません。1分足や5分足をメインにトレードをする方にとってみれば、1時間足は長期足と呼べます。

数ある時間足のどれを重視するかは、その人のトレードスタイルによって変わってきます。たとえば、スキャルピング(数分程度の超短期売買)を行う人にとっては週足や月足がどんな動きをしていようと関係ありません。週や月を通して形成されるローソク足の値幅に対して、数分間の値動きは誤作レベルになり、何の情報も得られないからです。

1種類の時間足だけ見ていればいいわけじゃない! 「環境認識」の重要性について

1分足、1時間足、日足……。時間足にはさまざまな種類がありどれを見ればいいかはトレードスタイルによって変わってきます。

たとえばスキャルピングを行う場合、5分足は非常に有用な時間足ですが、5分足だけ見ればいいかというとそんなことはありません。5分足だけ見ていてもある程度トレードすることはできますが、5分足だけで「勝てるトレード」が続けられるかというと、正直なところ難しいです。

勝てるトレードをするためには、環境認識が必要不可欠です。

環境認識

いま見ている時間足より長い時間足を見て、相場が今どんな状態なのかを確認すること。

環境認識について解説するときに、よく「木を見て森を見ず」ということわざが用いられますが、環境認識ができていないトレーダーというのは、まさにこのことわざの状態にあると言えます。

為替相場というものは、常に上がったり下がったり波を作り続けています。

下降が続く相場(下降トレンド)の途中でも、一時的に上がる部分もあります。

全体的に相場が下降していても、□で囲まれた部分のように一時的に上昇することがある。一時的な微増 全体的に相場が下降していても、□で囲まれた部分のように一時的に上昇することがある。

これは1時間足で見ているので「下降トレンドの途中の一時的な上昇の途中」だとわかりますが、5分足でトレードしている方にはこの部分が「上昇トレンドの始まり」に見えてしまうかもしれません。

1時間足の□の部分を5分足で見た図。。大きな下降の途中であることは5分足ではわかりにくい。 1時間足の□の部分を5分足で見た図。大きな下降の途中であることは5分足ではわかりにくい。

5分足を見て、「上昇トレンドに転換した!」と思ってエントリーした部分が、1時間足で見た場合の「下降トレンドの途中の一時的な上昇が終わりかけている部分」だったなら、その後やむなく損切りすることになってしまうかもしれません。

もちろんこれは極端な例ですが、環境認識はトレードの勝率を高めるために必要不可欠なものです。

じゃあ何種類の時間足を見ればいいの?

エントリーをする前にどれだけの時間足を見ればいいかというのは人によって考え方が違うので明確な答えはありません。

ただ、5分足でエントリーを行うのであれば、最低限15分足、1時間足などはチェックしておきたいところです。

短気足でトレードを行う場合でも、1日1度くらいは日足もチェックしておくといいですね。全体の値動きが大まかにわかるようになり、相場観が養われます。

基本的に、環境認識は自分がエントリーを行おうと思っている足より長い足(上位足)を見て行います。中にはより短い足(下位足)も見るという人もいますが、これはどちらかというとエントリーの精度を高めるための行為なので、環境認識とは少し意味合いが違ってきます。

まとめ

今回はローソク足チャートの見方、仕組み、使い方について書いてきました。

記事冒頭でも書きましたが、ローソク足には市場に臨む人たちの心理や行動が濃縮されていると言われています。つまり、相場を読み解いていく上でカギとなるものローソクたちの中にたくさん隠されているということです。

世界経済、世界情勢などから値動きを予想するファンダメンタル分析100%でやっているようなトレーダーでもない限り、ローソク足に関する知識は必ずと一定ほど必要になってきます。

実体が長かったり、ひげが長かったり、ローソク足はいろいろな形を形成します。1本のローソク足の形からでもいろいろなことが見えてきます。中でも特徴的なローソク足の形について別記事でまとめたので、ぜひご覧になってください。