【FX用語】フラッグ/ペナントとは?

flag-pennant

どれほど強いトレンドでも、休みなく一方向に進み続けるということはありません。トレンドは常に、立ち止まったり、少し引き返したりを繰り返しながら進んでいきます。フラッグやペナントは、その際に生まれやすいチャートパターンです。

上昇トレンドにおけるフラッグ(四角)、ペナント(三角)の例フラッグとペナント 上昇トレンドにおけるフラッグ(四角)、ペナント(三角)の例。トレンドが停滞したり、逆行しているときに現れるのがわかる。

フラッグやペナントは、チャート上にトレンドラインを引くと発見しやすくなります。フラッグは四角形、ペナントは三角形であることが特徴です。

フラッグやペナントはチャート上によく見かけられます。これらをブレイクするとトレンドの勢いが増すことが多くなるので、順張りのエントリーポイントとして見られることが多いです。

フラッグ

fp_0000_flag-in-bull

フラッグは、このようにトレンド方向に対し一時的に起こる逆向きの動きのことを言います。上下するローソク足の高値を結んだ線、安値を結んだ線が平行になり、全体として、斜めに立てた旗のような四角い形になっているのが特徴ですね。

上の画像は上昇トレンドの途中のフラッグです。ごく短い期間で見れば下降トレンドとも取れますが、結果的には一回り大きな上昇トレンドに沿う形で、上方向にブレイクしています。

また、上の画像の矢印のように、ブレイクする際は、高値を結んだ線で一度反発し、大きく上昇することが多いです。順張りでエントリーする際は、この反発を待つことも有効です。

fp_0001_flag-in-bear

こちらは下降トレンドのフラッグ。向きが逆になるだけで、基本的なことは上昇トレンドのフラッグと同じです。

ブレイクする際も、上昇トレンドのフラッグとは真逆の反発を起こしていることがわかります。

フラッグはチャネルと呼ばれることもあります。このとき、高値を結んだ線、安値を結んだ線の2つの平行線をチャネルラインと言うこともあります。

ペナント

ペナントはフラッグと異なり、高値を結んだ線と安値を結んだ線が三角形になるような場合を言います。三角保ち合い(さんかくもちあい)などといった呼ばれ方もします。

ペナントにはいくつかのパターンがあり、簡単に言うと「どっちつかずのペナント」「上に行きそうなペナント」「下に行きそうなペナント」に分かれます。それぞれの例を見てみましょう。

どっちつかずのペナント

fp_0002_symmetrical

典型的なペナントのパターンです。高値を結んだ線、安値を結んだ線を引くと、上辺が右下がり、下辺が右上がり、右に行くにつれ波の幅が小さくなっていき、いずれ上下どちらかの方向にブレイクします。

「どっちつかずのペナント」というのは私が勝手に言っているだけですが、このような形のペナントはまさにどっちつかずで、抜けてみるまで上に行くか下に行くかはわかりません。一度抜けてすぐもどってくるダマシもあるので、買いエントリーを狙う際は明確に抜けたことが確認できてからの方がいいでしょう。ペナントのブレイクだけでなく他にもエントリーの根拠となるものがあると良いですね。

なお、このようなどっちつかずのペナントは、英語圏ではシンメトリカル・トライアングルと呼ばれています。シンメトリー(symmetry)は「対象」「釣り合い」といった意味を持つ言葉ですね。

パッとこの名前が出てくるとちょっとカッコイイですが、そこまで重要というわけでもないので、余裕があれば覚えておくくらいがちょうどいいでしょう。

上に行きそうなペナント

fp_0004_ascending

これもペナントの1つですが、上辺が水平で下辺が右上がりなので、何となく上に行きそうな形をしているということがわかると思います。もちろん下にブレイクすることもありますが、基本的に上昇の勢いが強いと見られる形です。

エントリーポイントとなるのは、上辺を確実に抜けたと思えるところ。ただしダマシが起こる場合もあるので注意が必要です。

英語圏での呼び名はアセンディング・トライアングル。アセンド(ascend)とは「登る」「上がる」などの意味を持つ言葉です。そのまま、上りそうな三角保ち合いといったところでしょうか。

下がりそうなペナント

fp_0003_decending

こちらは、上のペナントとは逆で、下辺が水平で上辺が右下がりになっているペナントです。形が逆なので、見方も逆になりますね。下降の勢いが強いと見られ、下辺を明確に割ったラインが売りのエントリーポイントになります。

英語圏での呼び名はディセンディング・トライアングル。何となく察しがつくと思いますが、ディセンド(descend)は「下る」「下がる」という意味を持つ言葉です。

フラッグもペナントも旗を指す言葉

英語に強い人なら「当然」と言ったところでしょうが、私のように英語に弱い人が見ているかもしれないので、ちょっとした余談を。

フラッグ(flag)とペナント(pennant)はどちらも「旗」の意味を持つ言葉です。フラッグは全般的な旗を指す言葉としてなじみがありますが、ペナントは旗の中でも特に細長い旗を指す言葉で、中でも先の細い「長三角旗」を指すことが多いです。

実際の旗が何かの目印になっているように、チャート上に現れる旗もトレードの目印になります。

ただ、旗を見かけたからと言って何も考えずにその旗が示す方向に従ってしまうのは危険。ダマシもありますし、冷静に見てみればそれが旗でもなんでもなかったということもあります。

まずは旗だと思われる部分にとにかく線を引いて、その後相場がどのように動くかを十分に検証してから、エントリー時の根拠立てに役立てていくといいでしょう。