FXコミュニティ「コツコツ」がLINEグループにこだわる理由

41979723 - digital business concept: woman holding a 3d generated smartphone with online marketingon the screen. graphics on screen are made up.

こんちには。編集部のマサヒコです。

今回は、タイトルの通りFXコミュニティ「コツコツ」に関する投稿です。

FXコミュニティ「コツコツ」とは?

全国1,600を超えるトレーダーが参加する国内最大規模のFXコミュニティ。月収100万超えトレーダーも多く輩出。LINEグループを利用したレスポンスの早いやりとりが特徴

僕も参加させていただいているコミュニティですね。

もっと詳しい情報が知りたいって方は、以下の記事を参考にしてください。

コツコツはグループが創設された当初からLINEグループを使っています。メンバーが200人に達するたびに新しいグループが作られるので、現在は8つのグループが存在することになります。

コツコツ創設の段階では、「( 運営者側の)手間が減るし掲示板の形式にしようか?」という話もあったそうですが、結果その案は通らず、今のLINEグループ主体で運営していく形になりました。

なぜコツコツがLINEグループ主体の道を選んだのか。コツコツ講師の方のLINE@投稿にその答えとなるものがあったので、今回は僕の方でそれをリライトしてみようと思います。

コツコツがLINEグループである理由

46875066 - students learning education social media technology

1. ノウハウがすぐに身につく

コツコツが創設されたのは2014年2月です。つまり、今この瞬間にコミュニティに入った場合、最初の方に入った人とすでに3年近いラグがあることになってしまいます。

3年前からコツコツでFXを学んでいる人と、まったくゼロの状態からコツコツに入った人。当然、両者のあいだには大きなレベル差があることになります。新しく入った人からすれば、3年前からいる人たちの話は専門用語の連発でワケがわからないでしょう。

そこで、上でもちらっと書いたグループ上限200人が役立ってきます。現在、コツコツの会員は月に100人くらいのペースで増えています。だいたい2ヵ月くらいで、グループが1つ満員になる計算になります。

つまり、もしあなたがグループの最後の1人として入ったとしても、そのグループのメンバーはほとんどが初心者で、最古参でも2~3ヵ月前に入った人ということになるわけですから、そこまで大きなレベルの差は生まれないことになります。

皆が初心者であれば、焦りもあまり感じないでしょうし、質問もしやすいでしょう。コミュニティが提供しているノウハウや、FXに関することで疑問点があったとしても、すぐに消化できるので腑に落ちるのが早くなります。

2. 他のメンバーとの距離が近い

僕がコツコツのLINEグループでのやりとりを見ていて「いいな」と感じるのは、実はFXがあんまり関係しない部分でのやりとりだったりします。

もちろん、FXで勝ちたくてコミュニティに入ったのだからFXの学習が最優先になるのは当たり前なのですが、金融の話ってやっぱり堅苦しいので、ずっと読んだり考えたりしてると疲れちゃいますよね。

そんなときにちょっとメンバー同士で雑談が行ったりすると、気持ちが和らぎます。また、毎日あいさつをしたりFXについて語り合ったりしていると自然と横のつながりが生まれてくるので、疑問点や問題点について一緒に考えることができたり、勝った時に喜びを共有できたりします。

コツコツ内でできたつながりが、リアルの友情に発展することもしばしば。僕もこのコミュニティに参加してから、バーの店長さん、税理士さん、アナウンサーの方など様々な職種の人と親しくなり、今では週1くらいで飲みにいく仲になりました。普通にサラリーマンやっている限りではなかなか知り合えない人と仲良くなれたのは、単純にとてもうれしいですね。

3. リアルタイム感がある

LINEグループの一番の醍醐味ですね。LINEって要はチャットですから、質問してからのレスポンスまでがとても速く、やりとりが流動的になります。

しかも、1対1のやりとりであれば、相手が忙しかったら返事をもらえませんが、コツコツのグループLINEは200人もの人が参加しているので、誰かしらが返事をくれます。

トレードを初めて間もない頃はたくさん疑問が生まれますし、自分の行った行動が間違ってないか、常に不安に苛まれることでしょう。そんなときにすぐ答えをくれる存在がいるのは、とても心強いです。コミュニティに所属する一番の強みですね。

他にもある! コツコツがグループLINEを主体にしているメリット

35333137 - multiethnic group of business people with speech bubbles

コツコツがLINEグループである理由は上に書いた3つですが、コツコツの会員さんに話を聞いてみると、他にも以下のような点をメリットとして感じている方も多いようですね。

1. モチベーションの維持に繋がりやすい

ここまでの話に通ずることなのでざっくりと書きますが、一緒にやっているたくさんの仲間がいて、なおかつすぐにレスポンスがもらえるのは、FXをやっていく上で大きな励みになります。

正直、FXで勝てるようになるためには、たくさんの課題をクリアしなければいけません。

基礎を学習し、相場を分析し、手法を検証し、メンタルを維持し・・・。

もちろん、簡単なことではありません。モチベーションをかなり高い水準で保つことができなければ、途中で挫折してしまいます。これらを1人で行えるのは、本当に一握りの人たちだけでしょう。

その点、コツコツでは仲間と支え合って一連の過程を行っていくことができるので、モチベーションが下がりやすい方でも維持しやすい環境が整っています。

環境メンバーの声 仲間がいることの心強さは他に替えられない。

2. 週報により、自分のレベルがどの程度なのかを確認できる

コツコツでは、1週間の最後に、週報を投稿することが義務付けられています。

週報とは、その週のトレード成績のことです。週利(1週間の利益)・勝率・戦績・その週の気づきや反省点などを簡単にまとめてグループラインに投稿します。

メンバーがそれぞれ同じ内容のものを投稿するので、自分のものと見比べることで、自分のレベルがどの程度なのかを客観的に評価することができます。ぐんぐん成長して利益を上げている人の週報を見ると、モチベーションも高まりますね。

週報週報の例

3. ポジポジ病の対処がしやすい

ポジポジ病とは、負けトレードが続いたことで感情的になり、深く考えずにトレードを連発してしまう状態のことです。

FXトレードは適当にやってもまず勝てるものではないので、ポジポジ病になると資金をごっそり減らすことになってしまいます。多くのトレーダーの悩みの種ですね。

一度ポジポジ病になってしまうと、1人でそれを克服することは大変です。しかしコツコツでは、リアルタイムでやりとりができる環境を活かすことで、早急に対処をしていくことが可能になっています。グループに対処法を訪ねたり、他の人がポジポジ病対策に行っていることを参考にしたり、親しくなったトレーダーに対処法を尋ねたり、やり方はさまざまですね。

かくいう僕も昔は重度なポジポジ病に悩んでいたので、いつもその兆しが出るたびに人に相談させてもらって、抑制を手伝ってもらってました。

まとめ

今回はコツコツがLINEグループを主体にしている理由と、そのメリットをまとめてきました。

こうしてまとめてみると、リアルタイムでやり取りができたり、多くの人と意見交換ができたりするグループLINEという枠組みは、FXとの相性も抜群ですね。それをいち早く搭載したコツコツの初期講師陣メンバーは先見の明が立っていたんだなあ、と思わざるを得ません。

あんまり褒めすぎるとちょっと信者っぽくなってしまうのでほどほどにしておきますが、僕自身もコツコツで学んだことで勝てるようになったので、その辺はとてもコミュニティに感謝していますね。

現在、独りでトレードをしていて、伸び悩んだりポジポジ病に悩んだりしている方は、勇気を出して一歩踏み込んでみると現状が改善されるかもしれません。やっぱり仲間と一緒に同じ目標に向かって取り組むのって、イイですよ。

コツコツの入会方法・お問い合せはこちら

コツコツの入会方法が知りたい、あるいは興味があるという方は、コツコツ共同代表 紺野寛之&米田誠 公式LINEを友達追加してみましょう。

こちらのLINEでは、コツコツに関する大切な情報を無料で受け取ることができます。

コミュニティの詳細や、会員の声、具体的な成績、運営者の近況などが配信されるので、より詳しくコミュニティを知ることができるでしょう。

問い合わせも代表と直接やり取りできるので安心です。

makoto-lineat

※ リンクから追加できない場合、「@duo1831j」でID検索することもできます。

※ LINE@のシステム特性上、登録しても、メッセージやスタンプを送らない限り管理者にあなたの名前はわかりません。安心してご登録ください。

※ 配信が必要ないと感じた場合はブロックすることで停止できます。