財が溶ける? FXで絶対にやってはいけない「ながらエントリー」14選!

nagara-entry

こんにちは、FX SQUARE編集部マサヒコです!

先日、ポケモンGOが日本でもリリースされましたね。

僕は早速、ポケモンGO>FXになってしまいましたが、「コラッタ」しか捕れないので徐々に飽きが生じ、今ポケモンGO≧FXくらいまで戻ってきたところでございます。

とまあ、そんなことはさて置きですね。今回はタイトルの通り、FXで絶対にやってはいけない「ながらエントリー」を15個ほどまとめてみようと思います。

基本的に、FXをしているときはFX以外のことをしないようにするのが一番トレードの精度が上がり、勝率も上がります。

逆に何かやりながらやると勝率が下がったり周りに迷惑がかかったりするケースがあるので、皆さんが後で悲しい思いをしないように、「ながらエントリー」に対するちょっとした注意喚起的なものをしてみようと思います。

「ギクッ!」てなった人は要注意ですぜ!

財が溶ける「ながらエントリー」

では、一個一個見ていきましょう。

1. 映画・テレビ見ながら

映画を楽しむ女の子

まず一番やってしまいがちなヤツから。

テレビ見ながら、特に映画見ながらのエントリーはおすすめできません。

単純にトレードの精度が落ちるし、映像にも集中できないし。

僕もよくやっちゃうんですけどね。Huluで映画を見てるときとか、何となく手持無沙汰で何となくチャート見て何となくエントリーして何となく負けちゃう。

このあいだも米ドラマの「ウォーキングデッド」見ながら事故りました。いやー、ハラハラしてるときにするもんじゃないですね、FXって。冷静な判断ができなくって、ごっそり資金がいっちゃいました。

映画とか見てる途中に負けちゃうと、作品がすごく感動的な内容でも、終わった後にわだかまりや虚無感が残ります。これ、冷静に考えると時間がすごくもったいないですよね。

いいことナシです。やめときましょう。

2. ウトウトしながら

眠そうなわんこ

これは結構危険なやつ。

ウトウトしてる時にエントリーして、損切設定するのを忘れていて目が覚めたらっていうのは想像に容易い最悪のパターン。夢の中でカワイイあの子と浜辺でキャッハウフフしても起きた途端にどん底です。

というのは僕が実際に経験したやつなんですけどね。

僕の場合は数千円のマイナスだったんでちょっとしたショックを受けただけで済みましたが、世の中には僕と同じヘマで数百万単位の財産を飛ばした人もいるとかいないとか。

おそロシアルーブル・・・・。

ちょっとでも眠いなって感じがあるときはエントリーしないで寝るのが吉ですね。

3. 仕事しながら

仕事しながらFXするおじさん

別名、減給まっしぐらコース

運が悪いとクビまで行っちゃうかもしれませんね。

トレードがしたくてしたくてしょうがない人がやりがちなやつですが、やっていことと悪いことの分別がちゃんとついてこその大人というもの。

・・・とか言っときながら、僕もたまに「よっしゃーレンジブレイク利確20pipsあざーす」とか仕事中にやっちゃうんですけどね。

皆さんはこんなクズになっちゃだめすよ。

4. 食べながら

食べながらチャートを見る男の人

これは財を溶かすってか、単純に下品

確かにご飯食べてる時ってリラックスできるからトレードは捗るけど、それとこれとは別の問題。

連れの人も一緒だったりしたら、サイアクです。

でも、これは他の「ながらエントリー」に比べたら断然マシかな・・・(財産が残るって意味では)。

ハイ次。

5. 歩きながら

夜道歩きながらエントリーする危険な女の子

ハイ、出ました歩きスマホならぬ歩きFX。これ、一番危ないやつですねー。

歩きFXは数ある歩きスマホのパターンの中でもトップクラスのデンジャラスな行為です。最近、巷には歩きポケモンGO勢が湧いているようですが、その群れに紛れて歩きFX勢も微粒子レベルで存在しているらしいです。聞くところによれば。

車通りが明らかにないようなところでやるなら別にいいですが、

いや、やっぱダメ。そういうところでやる癖がついちゃうとどこでもきっとやっちゃうんで、ダメです。ダメ、絶対。

特にダメなのは、上の画像みたいなやつ。

かわいい女の子 × 夜道 × 歩きスマホ × FX。

これは最悪のパターン。車にひかれるだけじゃなく、知らないオッサンに「ゲットだぜ!」されちゃう可能性がないとも言い切れないのでとても危険です。

「私かわいくないから関係ないもーん」「男だからかんけーねーし」という開き直りはナシですよ。”時速50Kmで走る鉄の塊”はあなたがかわいかろうとなかろうと、女の子だろうとなかろうと容赦なく突っ込んできますから。

歩きスマホしがちな人は本当に気を付けて。

お金は減っても取り戻せるけど、命は取り戻せません。

6. ゲームしながら

ゲームのコントローラーとテレビ画面

これ、僕がよくやっちゃうやつです。

ゲーム好きなトレーダーの皆さんは、一回くらいこれをやって痛い目に合ったことがあるんじゃないでしょうか。

僕の場合は何度もあります。特に、オンライン対戦とかしながら中途半端な気持ちでエントリーしちゃうとかなり高い確率で痛い目見ますね。

このあいだも友達とスマブラ(任天堂のゲームです)のオンライン対戦をしながら何度かエントリーしたんですが、ものの見事に全敗でしたね。

対戦にも負けて、トレードでも負けて、おまけにポジポジ病発動して、1週間の稼ぎを2時間でパーにしてちょっとマイナスに突入したことがありました。もうてんやわんやですね。

ゲーム好きのトレーダーの皆さん、僕みたいなバカな負け方をしないよう気を付けて!

7. 将棋・オセロ・囲碁・麻雀・カードゲーム等しながら

せふぎ盤とせふぎの駒

これは単純に相手に失礼なやつ。

この手のゲームって、やったことある人ならわかると思うんですが、待ってる側って結構イライラするもんですよねー。特に劣勢の時は。

それがゲームとまったく関係ないFXで待たされてるんだったらなおさら。ヘッドバットもんです。卓上ファイトがリアルファイトに発展しちゃいます。

自分のため以上に相手のために、やらないようにしましょう。

8. お酒を飲みながら

バランタイン17&ナッツ

これも僕がよくやっちゃうやつ。

したことある人ならわかると思いますが、お酒入った状態でエントリーすると、なぜかはよくわからないけどすごく負けます。

特にクラブとかバーとか、自分の家じゃないとこでお酒飲んでる時のエントリーならなおさら。あんまり落ち着けないからなのか、酔いで判断力が鈍っているからなのか、無意識に場違い感を覚えているからなのか、変なジンクス的なサムシングが発動しちゃってるからなのかはわからないけど。

FXをするならシラフで家にいる時が一番いいです。絶対に。

9. イライラしながら

イライラしながらチャート見る男の人

イライラしながらやっても本当にいいことない!

集中力が散漫になってる時にエントリーしても勝率低いし、それで負ければ余計にイライラするし、本当にいいことないです。

イライラを清算できないで次のエントリーするとポジポジ病発症する可能性が高まるので危険です。

10. 運転しながら

自衛隊の車 ※画像はイメージです

たぶん今回の記事で一番危険なやつです。「歩きながらエントリー」が可愛く見えるレベルの危険行為です。

信号に停まるたびにチャート見たり、道がまっすぐだからといってちょいちょい手元のチャート見たり。本人は何にも感じないかもしれませんが、周りの人からすればいい迷惑です、マジで。

「ながら運転」の危険さとFXの熱中しやすさが掛け合わさって生まれるのは破滅だけです、マジで。

11. 彼氏をほったらかしにしながら

彼氏よりもチャート! な女性

投資家には独身が多いという話をよく聞きます・・・。

彼氏だけでなく、トレードに集中しすぎたせいで家族や友人の扱いが雑にならないように気をつけましょう・・・。

12. 彼女に別れ話をしながら

彼女を泣かせながらチャートを見るゲス男

これは圧倒的なクズ力がないとできない「ながらエントリー」。難易度的には、今回紹介する「ながらエントリー」の中でも最上級クラスと言えるでしょう。

写真の男性の「ハイ利確~」みたいな顔が腹立ちますね。

13. 壁ドンしながら

壁ドンしながらチャートを見る男の人

これまた斬新な「ながらエントリー」。

壁ドンされた側もびっくりですね。

14. シングル・ベルしながら

独りのクリスマスをFXでごまかす男性

ジングル・ベルならぬ独りぼっちのシングル・ベル

世間がX’masで盛り上がる中、独り自宅でFX’mas。

これで大負けした時の虚無感たるや。

反省

えー。

今回は「FXで絶対にやってはいけない『ながらエントリー』」ってことで色々書いてきました。

・・・。

途中から楽しくなって悪ふざけコーナーに突入しましたが・・・とにかく!「ながらエントリー」してもいいこと1つもない! ってことです。

面白い画像たちはPAKUTASOさんからお借りしました。いつもお世話になっております。素晴らしいネタ画像をありがとうございます。

今回も最後まで読んでみてくれた皆様、ありがとうございました。次はもうちょいためになる記事を書こうと思います!