利大損小の原因?「プロスペクト理論」とは?

prospect-theory

こんにちは、FX SQUAREの星野です。

皆さん、元気にトレードしてますか?

今回は、利小損大という言葉と切っても切り離せない、FXトレードの負けを助長する原因の1つである「プロスペクト理論」について書いてみたいと思います。

負けトレードのドツボから抜け出せない皆さんにはぜひ知ってほしいお話ですね。

プロスペクト理論とは?

39451749 - business people walking commuter travel motion city concept

プロスペクト理論とは、行動経済学における代表的な理論の1つです。

心理学者・経済学者のダニエル・カーネマン氏と、心理学者のエイモスト・トベルスキー氏によって1979年に考案されました。

プロスペクト理論を簡潔に説明すると、「ある選択をした結果得られる利益・被る損失と、それぞれの結果になる確率がわかっている状況下で、人がどのような選択をするか」を実験などで観察し、経験的事実としてまとめたものになります。

もちろん、この説明では「よくわからないんだけど」という方もいるでしょう。そこで、これから具体例を用いてプロスペクト理論を解説してみたいと思います。

プロスペクト理論の例

プロスペクト理論とはどのようなものかという例を、2つの質問をもとに解説してみたいと思います。ぜひ、それぞれの質問に自分ならどう答えるかを考えながら読み進めてみてください。

質問1

prospect-question

あなたの目の前に、以下の2つの選択肢が提示されたとします。

選択肢A:100万円が無条件で手に入る。

選択肢B:コインを投げる。表が出たら200万円が手に入るが、裏が出たら何も手に入らない。

さて、皆さんはどちらを選びますか?

私は初めてこの質問を聞いた時、Aを選びました。皆さんもAを選んだのではないでしょうか。

prospect-profit

上記の質問をした場合、一般的には、より堅実性の高いAを選ぶ人の方が圧倒的に多いとされています。これはカーネマンが行った実験によって実証されています。

実はこの質問、どちらも期待値は同じなのですが、2分の1の確率で1円ももらえないよりは、確実に100万は押さえておきたい、という考える方が多いようです。

では、次の場合はどうでしょう。

質問2

今度は条件が1つ加わります。あなたは200円の借金を抱えているものとします。その状態で、以下の2つの選択肢が提示されたとします。

選択肢A:借金が無条件で100万円減額される。

選択肢B:コインを投げる。表が出れば支払いが全額免除されるが、裏が出た場合は借金の額は変わらない。

今度は、どちらを選びましたか?

Aなら確実に負債を100万円まで減らすことができるので、堅実性の高さはこちらの方が高くなります。Bは2分の1の確率で借金が200万のままなので、イチかバチかのギャンブルですね。

質問2の場合、借金を抱えているという点以外は質問1とまったく同じなので、質問1の結果を見れば、Aを選ぶ人の方が圧倒的に多いだろうという予想が立てられます。

が、

prospect-lost

一般的に、質問2の場合だと、選択肢Bの方が圧倒的に多く選ばれるそうです。これもまた、カーネマンの実験によって説明されています。質問1でAを選んだ堅実な人たちでも、質問2ではそのほとんどがBを選ぶそうです。

ちなみに、この質問も、どちらの選択肢を選んだとしても期待値はやはり同じ。

利小損大の原因はプロスペクト理論の中にある?

上で提示した2つの質問とその結果からわかることがあります。

それは、「人間には、利益を前にしたときはそれを確実に取る選択をするのに対し、損失を前にしたときはいかに確実性が下がっても損失すべてを回避しようとする性質がある」ということです。

もっと簡単に言えば、人間は利益よりも損失に過剰に反応するというわけですね。これがプロスペクト理論の考え方です。

FXの世界では、利小損大のトレードを指す言葉として、「コツコツドカン」というものがあります。これは、何度も何度も小さな勝ちを積み重ねて得た利益を、1回の大きな負けで一気に損失へと転じさせてしまう指す言葉です。

Twitterで、これを表す的確な画像を作成されている方を見つけたので、シェアさせてください。

コツコツドカンをしてしまいやすい人の心理状態は、まさにプロスペクト理論で言われていることそのもの。「含み益が出ている時はさっさと決済して、含み損になっている時はそれがすべてなくなるのを待つ」これではどう考えたって資金は減っていきます。

プロスペクト理論が証明している通り、人はそもそもコツコツドカンをしやすい生き物だということです。

しかし、コツコツドカンは、利小損大、すなわち負けトレードの象徴。

つまり、FXで勝ちたいのであれば、コツコツドカンをしやすい人間の性質に打ち勝ち、プロスペクト理論が当てはまらない人格を目指す必要があるということです。

これは、人間という動物の本能に抗う行動です。楽か否かで言えば、楽ではありません。しかし多くの経験を積み、それに打ち勝てば、その先には大きなリターンが待っています。

まとめ

「プロスペクト(prospect)」という言葉は、「期待・予想・見通し」という意味を持つ言葉です。

自分が何1つ不自由していない時には「神などいない!」と言い張っているのに、いざ八方ふさがりになると祈り出す。このような人は、FXで勝つことは難しいでしょう。

なぜなら、一貫性がないからです。一貫性のあるトレードができない人は、FXの世界で勝者になることはできません。

都合が悪いときこそ堅実に取り組み、淡い期待自分に都合の良い予想・見通しを排除して論理的に考え、選択する。

FXの世界では、「FXは機械的に行えた方が良い」「感情的にトレードをしてはいけない」という言葉がありますが、誤解を恐れずに言えば、あらゆるトレードの助言は、すべてプロスペクト理論が示した「人間の弱さ」から皆さんを解き放つためにあると言えるでしょう。