【FX用語】酒田五法とは?画像付きでわかりやすく解説してみた。

sakata-gohou

酒田五法(さかたごほう)とは、江戸時代の米相場で活躍した相場師、本間宗久(ほんまそうきゅう)によって見出された5つのローソク足パターンのことです。

「何でFXのサイトで米相場の話を?」と思う方もいるかもしれませんが、基本的な相場の見方は米も株も為替でも同じ。酒田五法を意識しながら日々のトレードを行っているFXトレーダーも多いです。

酒田五法の5つのパターン

酒田五法はその名の通り5つのローソク足パターンから成り立つものです。

その5つのパターンとはすなわち、三兵(さんぺい)、三山(さんざん)、三川(さんせん)、三法(さんぽう)、三空(さんくう)です。ただ、為替相場では(ローソク足とローソク足の間が開くこと)が起こりにくいので、三空のパターンはほとんど出てきません。そのため、実際にFXトレーダーが意識するのはこのうち4つになります。

酒田五法のそれぞれのパターンを、画像と一緒に見ていきましょう。

三兵(さんぺい)

sanpei

酒田五法の三兵とは、同じ色のローソク足が3本続くパターンのことです。陽線が3本並ぶ赤三兵は上昇トレンドのサインとされ、逆に陰線が3本並ぶ青三兵は下降トレンドのサインとなります。

長く下げが続き、底値圏に達したところでレンジ相場を形成、その後陽線が3本並んで発生したりすると、サインの精度も高くなります。

ただ、3本目の陽線に長い上ヒゲが生えていたり、逆に3本目の陰線に長い下ヒゲが付いていたりした場合は注意が必要です。なぜならヒゲは、上げたい(下げたい)と思うトレーダーの意志がキープされなかった場合に生じるものだからです。

たとえ三兵が発生していたとしても、その三兵が示唆する方向に抗うようなヒゲが生えていた場合は話が変わってくるので、よく注意してエントリーをした方がいいでしょう。

三山(さんざん)

sanzan

酒田五法の三山とは、3つの高値が3つ並んだ山のように連なり、とくに真ん中の高値が突出しているような状態のことです。

相場が天井付近によく達している時に発生するパターンで、中心の底値と底値を結んでできたネックラインを割ると一気に下落するx可能性が高く、ネックライン付近は特に注目度が高まります。

欧米ではヘッド&ショルダー(真ん中の高値が頭、両脇の高値が肩のように見えることから)と呼ばれたり、日本でも三尊天井(真ん中の高値が如来、両脇の高値が菩薩のように見えることからと呼ばれたりするので、そちらの名前で認識しているという方も多いのではないでしょうか。

釈迦三尊像釈迦三尊像(大本山方広寺) FXトレーダーが参拝すると無意識に右下あたりに視線が行ってしまうとかなんとか image by http://hamanakos.jp/

なお、三山が上向きではなく下向きである場合(3つの高値ではなく3つの安値から形成される場合)は逆三山と呼ばれ、相場が底に達していることを示唆するサインになります。

逆三山は、欧米ではトリプルボトム、日本でも逆三尊と呼ばれ、そのネックラインは三山と同じようにトレーダーたちの注目を集めます。

三川(さんせん)

sansen

酒田五法の三川とは、3本の線から相場の転換をとらえるパターンです。

1本の陽線の後に2本の陰線が上図のように窓を開けて発生した場合は相場が下降に向かうことを示唆する三川宵の明星と呼ばれるパターンで、逆に、1本の陰線の後に2本の陽線が発生した場合は相場が上昇に向かうことを示唆する三川明けの明星と呼ばれるパターンになります。

niwagarasu

上図のように、大陽線が1本、その後に陰線が2本寄り付いた(窓が開いたものの陰線が続いた)場合は三川上放れ二羽烏などとも呼ばれますね(あまりメジャーではありませんが)。これも売り圧力を強める要因となります。

三川のような相場の転換をとらえるパターンを見る際の注意点としては、あまり正確に転換を予想しようとしないことです。

相場の転換点がどこであるかは現行しているチャートではわかりにくく、事後結果としてわかることが多いので、その箇所を予測しながらトレードをするとリスクが高まってしまいます。

三法(さんぽう)

酒田五法の三法は上記3つのパターンと比べると解釈が曖昧だと言われています。なぜなら三法には大きく分けて2つのパターンがあり、パターンによって見方が変わってくるからです。

上げ三法、下げ三法

sanpo

上げ三方は、上昇相場で大陽線が出た後、3本の中間線を挟んでまた大陽線が発生した場合を言います。見るときのポイントは、3本の中間線が先の大陽線を下回れず、後の大陽線で切り返しが起きていることです。

上げ三法が発生した時は、相場の上昇力が評価され、相場の継続的な上昇が示唆されます。

なお、大陰線が出た後に中間線を挟んで大陰線が発生した場合は下げ三法と呼ばれます。下げ三法は相場の継続的な下降を示唆します。

上放れ三法、下放れ三法

hanaresanpo

上放れ三法、下放れ三法は相場に方向感が出始めたところでそれを打ち消すような動きが出てしまったというパターンです。

上放れ三法、下放れ三法の形が出るときは、相場がどっちつかずで分からない場合が多いので、トレードの休みを示唆するパターンとして見られます。

三空(さんくう)

sanku

三空はその後の相場の転換を示唆するパターンになります。ポンポンと飛ぶように相場が上昇し、さすがにこれ以上は上がらないという心理が働き、天井で頭を打って落ちると言えば想像しやすいでしょうか。

4つの陽線が三空を形成した後に陰線によって窓埋めが行われた場合は、いよいよ売りが始まるサインになります。

ただ、記事冒頭に書いた通り酒田五法の三空は、為替相場ではあまり見受けられないパターンです。というのも、為替相場では窓が発生することがまれなので、三空のように3つ連続で窓が開くようなことはほとんど起こらないのです。もし遭遇したらかなりレアな体験をしたと思ってもいいでしょう。

まとめ

ローソク足は日本発祥の相場の分析方法で、その起源は江戸時代にさかのぼります。シンプルな図形であるためパッと見でわかりやすく、そのわりに多くの情報が詰め込まれている手軽さから、世界中で愛用されています。

ローソク足は1本でも相場の方向性や勢いがわかるスグレモノですが、複数の足で見た方が分析の精度は高まります。その際の基本となるのがこの記事で紹介した酒田五法というわけです。

酒田五法は基本的に上記5つのパターンを組み合わせて考えます。たとえば、状相場の場合、三川でトレンドの転換が起こり、三兵で上昇トレンドの発生を確認し、三空を繰り返しながら上昇、三山で天井に到達する、といったような流れになります。

そのため1つ1つのパターンに着目し「あ、ここで三兵が出たから上昇だ!」「あ、ここに三川明けの明星があるから転換が起こる!」などとその都度反応してしまうのはあまり理想的な状態とは言えません。

酒田五法に限らずローソク足チャートパターンを意識する時は、そのパターンを形成するローソク足の本数を重要視してみるのもいいかもしれません。

たとえば数本で形成されるようなパターンはわりと頻繁に現れるので無視するトレーダーも多いですが、三尊のように多くのローソク足が集まって形成されるものはその分発生頻度が低くなり、市場の注目度も高まります。また、短い時間足に生じたパターンよりも長い時間足に生じたパターンの方がしっかりと機能する場合が多いです。

酒田五法を意識する時は、こういったことを考慮してみるのもいいかもしれませんね。