【FX用語】S/L・T/Pとは?

sl-tp

FXに関する文献やトレードアプリなどを見ているとよく目にする「S/L」「T/P」

この記事では、これら2つの言葉の意味や考え方について解説しています。

S/Lの意味

Stop Loss(ストップロス)の略で、「損失をそこで止める」という意味。

平たく言えば損切りのこと。

S/L注文という場合には、ある一定額以上損失が大きくならないようにするために入れる損切りのための逆指値注文という意味になります。

T/Pの意味

Take Profit(テイクプロフィット)の略で、「利益をそこで取る」という意味。

平たく言えば利食いのこと。

T/P注文という場合には、ある一定額以上損失が大きくならないようにするために入れる利確のための逆指値注文という意味になります。

T/P注文を入れるか否はケースバイケース。S/L注文は必須

戦略的なトレードを行なっていきたいのであれば、S/L注文やT/P注文を駆使してトレードを機械的にしていった方がいいですが、T/P注文は必ずしも必要という訳ではありません。

例えば、トレンドの後を追いかけるように注文価格が動いていくトレール注文などは、性質上、T/P注文を入れる必要のないものになります。また、相場の動きを見ながら成り行きで決済したいという人にとっても、T/P注文を入れない方がいい場合もあるかもしれません。

しかし、どんなトレードスタイルの人でもS/L注文を入れることは必須です。なぜなら為替相場は、予期せぬタイミングで予期せぬ値動きをすることがしばしばあるからです。

例えば、上がると思ってエントリーをした直後に相場が急落してしまった場合、一瞬にして膨大な含み損を抱えることになってしまいます。しかし、エントリー直後にすぐS/L注文を入れて損切りのポイントを設定しておけば、相場がその価格に達した段階で自動的に決済が行われ、損失を最小限に抑えることができます。

S/L注文が役立つのは相場の急騰・急落が起こった時だけではありません。以前、「利大損小の原因?「プロスペクト理論」とは?」という記事でも書きましたが、人には、含み益が出た場合には利益を逃さないようにと決済を早まり、含み損が生じた場合には損失を認めたくないという思いから決済を遅らせやすい傾向があります。

このような心理的傾向がもたらすのは損大利小のトレードであり、それがひどくなると「コツコツドカン」という言葉に代表されるような、今まで細かく積み上げた資金を一瞬にして吹き飛ばす悲惨な負け方になってしまいます。

しかしこれも急騰・急落のようにあらかじめS/L注文を入れておけば、損失を最小限に抑えることができます。

S/L注文はエントリーポイントからどれくらいのところに設定しておけばいい?

S/L注文が大切なのはわかっているけど具体的にどれくらいのところに入れておけばいいかがわからない、という人もいると思います。

正直、S/L注文をエントリーポイントからどれだけ離れたところに置くかはルールや状況によって異なるのでなんとも言えません。これについては誰か勝っているトレーダーの損切りルールを参考にするか、実践と検証を繰り返しながら自分で最も良い値を見つけ出すしかないでしょう。