【FX用語】投機筋・実需筋とは?

speculators

外国為替市場にはさまざまな参加者がいます。

私たちFXトレーダーのように、安く買って高く売ったり、高く売って安く買い戻したりするために通貨を交換する人もいれば、単に両替の目的で通貨を交換する人もいるわけです。

そしてファンドや機関投資家など、個人では想像もできない金額で取引する人々もいます。

それらの参加者は大きく2つに分けられます。ざっくり言うと儲けるために取引する勢力を投機筋、ただ単に両替するために取引する勢力を実需筋といいます。

投機筋とは?

投機筋(とうきすじ)とは、投機(株や為替の短期的な売買から差益を得ること)を目的とした機関投資家の総称です。

主にヘッジファンドや機関投資家(ディーラー)によって構成され、投資額が大きいことから、株価や為替価格の変動にしばしば大きな影響を与えます。

投機筋の動向による影響

投機筋は基本的に自分のポジションを儲けさせることを狙って取引します。たとえば投機筋は、わざと市場参加者が少ない時間帯を狙って大きな取引を行い急落・急騰を仕掛けたり、意図的にダマシを起こしたりします。

投機(短期取引)の世界では、得をする人間がいれば同じだけ損をする人間がいます。上記のような投機筋の行動によって投機筋が得をして、個人投資家が損をします。投機筋はあらかじめ私たちに損をさせるつもりで市場を動かし、その動きに振り回された個人投資家たちの損を利益として回収します。

投機筋のこういった働きは、しばしば仕手筋や市場荒らしのようだと非難されます。しかし、その一方で私たちに良い効果をもたらしている部分もあります。

その1つが流動性です。投機筋が市場に大きな額を投資することで、相場にトレンドが生まれ、多くの取引が行われ、市場に厚みが生まれます。もし投機筋が市場から締め出されてしまったとすれば、市場も非常に薄っぺらいものになり、私たち個人投資家が行う取引の方向性は失われてしまうことでしょう。

実需筋とは?

実需筋(じつじゅすじ)とは、本当にそのもの自体が必要だから取引する個人や企業の総称です。

たとえば、航空会社は燃油を買いますし、国は外国産の農作物などの食品を貿易で買います。

為替でも同じです。アメリカで円は使えないから米ドルに両替するというのが実需にあたります。海外で車を売って得たドルを円に換える日本の自動車産業も同様です。

その際の取引の価格設定によっても相場が動きます。実需は長期的な相場のトレンドに関係します。

投機筋と実需筋まとめ

外国為替市場において、投機筋と実需筋の割合は8:2だと言われています。市場に与える影響も投機筋の方が大きく、特に短期の為替レートへの影響は、要人発言や経済指標などに反応して動く投機筋の動向が大きいと言われています。

FXのテクニカル分析は、市場参加者の思惑を読み解くものです。テクニカルを使うトレーダーの中にも、通貨の実需を考慮するトレーダーもいれば、一切考慮しないトレーダーもいます。

考慮しない理由は、実需を正確にシステム化(ルール化)するのが困難だからです。テクニカルの参入サインが表れても、「この通貨の国財政悪化してるってニュースでやってたなー」と考えてトレードを止めたり取引量を変えてしまえば、システムは意味を失い、本来得られたはずの利益が損失に変わることになります。

実際、多くの勝ちトレーダーは完全にテクニカルのみでトレードする人が多いです。値動きも、市場参加者の心理も、実需もすべて反映した結果がチャートを形作っている、と考えているわけです。

全ての事象が反映されたチャートという図形から生み出されたトレードシステムこそ、より安定して期待値通りの利益をもたらしてくれる。だからこそ多くのトレーダーはテクニカル手法を好みます。

そのテクニカルの裏をかいた、投機筋の”ダマシ”にはくれぐれもご注意を。