【FX用語】 含み損/含み益 とは?

unrealized gains

FXを始めると、いま自分が儲かっているのか、それとも損をしているのか、気になるものです。

いま儲かっていたら、決済をして実際の利益を出したいし、損をしていたら、早く手を打たなければ実際に損失が出てしまうかもしれません。

その参考になるのが、「含み損」と「含み益」というものです。

含み損 と 含み益 とは? (含み損益・評価損益とは?)

含み損というのは、その時点で決済すると仮定した場合の損失のことです。

含み益というのは、その時点で決済すると仮定した場合の利益のことです。

これらをまとめて、含み損益評価損益とも言います。

ただし含み損や含み益は、あくまで決済を仮定したものなので、実際の口座には反映されません。

いま自分が儲かっているのか、それとも損をしているのか、それを把握するために含み損益を確認します。

その上で、含み損が見切りをつけるべき損失に達したり、含み益が目標の利益に達したりしたとき、決済をすることで決済損益(=実現損益)として口座に反映されます。

為替レート と 含み損益 の関係

含み損益がどのように出るかは、為替レートの変動に関係します。

例えば、1ドル100円のときに何ドルか買ったとして、為替レートが1ドル99円に下がったら含み損が発生するし、1ドル101円に上がったら含み益が発生します。

初めは、為替レートだけを見ても、どういう損益が出るのか分かりにくいものですが、含み損益を併せて見ることで、レートの値動きと損益の関係が分かってくることでしょう。

損切り と 利食い のポイントを考える

決済をしない限り、含み損や含み益は常に変動していきます。

含み損や含み益というのは、決済をしていないので口座には反映されませんが、とは言え、自分のお金が上がり下がりする様子を見ることで一喜一憂するでしょう。

そして人はそのうち、含み益が出ているときに「もう少し儲かるかも」と思ったり、含み損が出ているときに「そのうち持ち直してプラスに転じるかも」と、根拠もなくプラス思考になることがあり、これはギャンブル的な発想なので避けるべきです。

また、FXや株取引の手法としてナンピンというものがありますが、これも避けるべきです。

(「ナンピン」の詳しい解説は下のリンクからご覧ください。)

そうならないために、「含み損が見切りをつけるべき損失に達した」とか「含み益が目標の利益に達した」など、自分でしっかりとゴールを決め、冷静に取引を行わなくてはいけません。

このようなリスクの管理は、前者を損切り、後者を利食いと呼び、損益をコントロールする上でとても重要な考え方です。

分析の手法はありますが、100%の予測は不可能ですから、「自分の予想と違う動きをしたら、今のポジションに固執しない」、「予想がうまく当たったときは、確実に利益を出す」という意識が必要です。